龍鼓未来

チャレンジド(障がい者)の和太鼓チーム

プロ奏者として数々の実績をもつ 友野龍士をリーダーとしてチャレンジド(障がい 者)のみで結成したチーム

NPO法人和太鼓文化研究会は、龍鼓未来の活動を支援しています。

和太鼓文化研究会の活動の一つの柱である、チャレンジドの和太鼓実践普及の場である「和太鼓療育フォーラム」の中で育ち、「奇蹟から軌跡へ」と繋がりあって生まれたチームでもある『龍鼓未来』を支援しています。

 

 

プロフィール

龍鼓未来(RYUKO-MIRAI)

〈プロフィール〉
プロ和太鼓奏者として活躍する友野龍士を中心に結成した、和太鼓奏者3名、篠笛奏者1名のユニットチーム。

◇「龍鼓未来」は、2019年4月に結成。同年8月ベトナムでの「枯葉剤被害者支援・日越友好コンサート」出演が初舞台となり、多くの障がい者や支援者に勇気と感動を与えています。
 2020年東京オリンピック・パラリンピックでの応援演奏や障がい者(チャレンジド)の自立支援はじめ、様々な場面での演奏を予定しています。
 個性豊かなメンバーの魂の籠った演奏をお届けします。

◆紹介動画 https://youtu.be/b6W1xuyLlTw

 

龍鼓未来の演奏動画をご覧になりたい方は、リーダー友野龍士のYoutube チャンネルに登録していただくと、定期的に配信しています。

「遊音」(ゆうね=ベトナム国立サイゴンオペラハウスでの演奏より)https://youtu.be/_VqKPqEMfKE

 

◆メンバープロフィール 

◆リーダー・友野龍士(ともの りゅうじ)・和太鼓奏者

知的障がいがありながらも子どもの頃から和太鼓には類稀な才能を発揮し、和楽器のみならず、ジャズバンド・ピアノ・サックス・バイオイン等の奏者と自在にセッションできる能力を持つ。世界的に活躍する指揮者小林研一郎氏率いる「コバケンとその仲間たちオーケストラ」のスペシャルメンバーとしても活躍している。NHK教育TV(Eテレ)で、彼の成長と活躍の様子がドキュメンタリー番組で2度放映されている。友野龍士の活躍の場は、日本国内のみならず、スイス、ニューヨーク、イタリア、チェコ、スロバキア、台湾など海外での演奏実績も豊富である。

☆リンク-友野龍士_Facebook

◆山本一(やまもと はじめ)・和太鼓奏者

知的障がいがあるが、小学生から和太鼓を始め、友野龍士に出会ってから、友野を目標に演奏技術を磨き、各地で演奏経験を積んできた。東日本大震災(2011年)後は、被災地での支援演奏にも毎年参加。昨年、「パラフェス2018」に障がい者代表として参加。海外では、フランス、フィンランド、台湾、オランダで演奏実績がある。

◆山本順平(やまもと じゅんぺい)・和太鼓奏者

ダウン症の障がいを持ちながらも、和太鼓教室(TAIKO-LAB)で腕を磨き、教室で出会った仲間たちと演奏経験を積んできた。2013年と2018年には、彼を主役とした「順平コンサート」も行い、持ち前の笑顔と明るいキャラクターで楽しいコンサートを創り上げた。

◆瀬戸洋平(せと ようへい)・しの笛奏者

視覚障がいがありながらも、小学校の音楽の授業で和太鼓と篠笛に出会い、以来傍らには常に篠笛1本。 特定のジャンルにとらわれることなく、ソロまたはさまざまなアーティストとユニットを組み、地域の祭り・イベント・ライブハウス・自然の中等で幅広く笛を奏でる。友野龍士と共に4人で結成したチーム「THE J.B.’f(ザ・ジェイビーフ)」が、障がいを持つアマチュアミュージシャンコンテスト「第4回ゴールドコンサート」(2007年)でグランプリ受賞。海外では、ニューヨーク、中国、スペイン、台湾、等でも演奏し、2019年4月に初のオリジナルCD「いちばん星」リリース。

☆リンク-瀬戸洋平_Facebook

龍鼓未来の活動実績

◇2019年の活動

◆2019年4月 チーム結成


◆2019年8月1日~7日  ベトナム「オレンジ村」(枯葉剤被害者施設)支援日本委員会の旅 同行演奏

 8月2日 キークホアン寺(障がい児生活保護施設)訪問演奏

 8月2日 シンポジウム参加・歓迎会で演奏 


 8月3日 ベトナム枯葉剤被害者協会(VAVA)・総会で招待演奏


 「日本ベトナム友好コンサート」サイゴンオペラハウスで日本側アーチストとして出演

 

 8月4日 ハノイ・日本大使公邸表敬訪問、歓迎パーティで演奏


 8月5日 ハロン湾クルーズ船内ライブで演奏(2回)


◆2019年10月29日 龍鼓未来・ベトナム報告&ライブ(TAIKO-LAB青山)

 

◆2019年12月14日 和太鼓療育フォーラム・「龍鼓未来コンサート」
◆12月15日 和太鼓療育フォーラム・「和太鼓チャレンジコンサート」出演